九州グルメ倶楽部 九州エリアグルメ情報

中華料理 晴華楼(せいかろう) 父の味と店名を受け継ぐ 福岡市中央区

2017年10月1日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 店主の本永泰平さん(43)が、妻の知美さん(46)とともに切り盛りする。「(福岡市)祇園町で父が営んでいた『晴華楼』に20年ほど勤めてから独立。店を構えて3年目になります」と泰平さん。

 「酢豚」(500円~)は父親の味を受け継いで、ケチャップを使わず、あっさりした味に仕上げる。「皿うどん」(600円)も人気。チャンポン麺と具材を鶏がらスープで炊き、しょうゆで味付けする。ほか、ニラレバ炒めも好評だ。店内には泰平さんが好きな特撮ヒーローキャラのフィギュアを飾る。2階には座敷を完備。

 福岡市中央区草香江1の1の9。電話092(733)8588。水曜定休。


=2017/10/01付 西日本スポーツ=

西日本新聞

情報提供: 西日本新聞

この記事をシェアする